コンセプトConcept

「分かりやすさ」それは、家づくりで最も大切なこと。

01

「分かりやすさ」
それは、家づくりで
最も大切なこと。

Arasen House CONCEPT

人生の負担にならない、900万円(税別)台から。

人生の負担にならない、900万円(税別)台から。

生活を送る上で支出割合を多く占めるのが「住まい」ではないでしょうか? マイホームづくりをご検討する上で現在の家賃から支出がかけ離れすぎると将来設計に狂いが生じる可能性が出てきてしまいます。
アラセンハウスではしっかり住めるベースプランを元に敷地形状やお客様の希望に添った建築プランと長期ローンを含めたムリのない資金計画までご提案いたします。

無駄を省いた家づくりシステム。

無駄を省いた家づくりシステム。

アラセンハウスの開発時、「どうしても必要なもの」・「あったらうれしいもの」・「なくてもいいもの」という構成アイテムを分類するところから考えました。間取り、玄関ドアサッシ、各種設備機器、内外装などはもちろん販売方法や建築工事システムにまで及びました。その結果「VOX」「VOX36」「VOX40」「FLAT」「FLAT PLUS」などのプランや、SORANIWAエディションが生まれたのです。

モデルハウス・バスツアーで体感・納得。

モデルハウス・バスツアーで体感・納得。

アラセンハウスではベースプランを元にした現実的なモデルハウスを展開しています。その上で実際に建てられた方々の家を建築中、または完成後にオーナー様のご厚意によりバスツアーを開催し家づくりをご検討中の方にアラセンハウスを体感していただくようご案内をしています。いろんな物件を参考にしてもらいながらお打合せを重ね「お客様オリジナル」の家づくりをご提案しています。

02

美しいデザインと
空間へのこだわりは
「上質な住み心地」へ。

Arasen House CONCEPT

美しいデザインと空間へのこだわりは 「上質な住み心地」へ。
空間とディティールへのこだわり

空間とディティールへのこだわり

商業施設やショップデザインを手がけてきた豊富なノウハウとこだわりがアラセンハウスに活かされています。たとえば「コンセントプレート」。素材は普通のプラスチックですがモダンな形状で空間を引き締めるアイテムです。さらに「室内ドアのレバーハンドル」。ショートストロークでクロームやニッケルサテン仕上げでレバー形状も丸型、角型がセレクトできます。家を構成するパーツひとつひとつにもこだわりを持って選んでいます。

住む人にとってベストな空間設計

住む人にとってベストな空間設計

アラセンハウスのプランにはあらかじめ「約束事」があります。 家族のコミュニケーションと暮らしやすさを大切にすること。結果、キッチンは対面型で家族と会話を楽しみ階段室にいく時には必ずリビングを通るようにプランしています。冷蔵庫は来客の視線から見えない場所に設置し階段下など収納スペースなども余すことなく使い切り空間にムダが出ないよう細かい配慮のもとに設計されています。

インテリアのコーディネートまで

インテリアのコーディネートまで

外壁やインテリアの配色などはもちろんのことオプション器具選定、カーテンやエアコン、造作家具などにいたるまで専任デザイナーが担当いたします。それぞれの家族で使い勝手や重視するところにも違いがあります。
たとえば、ガレージハウスにしてリビングで楽器演奏も愉しみたい。しかし快適性は損なわず・・というご要望など、たくさんいただきながら夢をカタチに少しでも近づけるご提案をいたします。

安心して長く暮らせる、充実の「標準装備と保証」。

03

安心して長く暮らせる、
充実の「標準装備と保証」。

Arasen House CONCEPT

こだわりの構造と外壁

こだわりの構造と外壁

工程の一番最初におこなう基礎は150㎜厚スラブのベタ基礎で建物の安定性をはかります。構造体は木造軸組工法ですべて機械乾燥材を使用し1階、2階ともASF(アラセンストロングフロア)工法でどこにピアノを置いてもいいほど頑丈です。外壁はサイディングボード16㎜厚、金具留め工法を採用し構造体と外壁材の中間に通気層を確保し断熱性を高めています。建物を覆う外壁面、屋根裏にはすべてに高性能グラスウールを充填し床下にはポリスチレンフォームを施し断熱性・防火性・遮音性など住性能アップに貢献しています。

品質・機能面を徹底的に考えた標準装備

品質・機能面を徹底的に考えた標準装備

玄関ドアは断熱性の優れたドア。玄関収納はトールタイプで靴が約40足収納でき縦型ミラーが付き姿見も兼用しています。樹脂性サッシはすべてLow-E複層ガラスにすることによって住まい全体の断熱性を高めています。キッチンは人造・人工大理石の天板とシンクが一体型シームレス仕様、トイレは自動洗浄タイプを採用。バスルームもユニットタイプとし保温性を高めています。フローリングは幅広150㎜のノンワックスタイプと満足度が高い仕様が標準です。

不安がない最良の保証とアフターサービス

不安がない最良の保証とアフターサービス

すべてのオーナー様に住宅瑕疵担保責任保険付きでお引き渡しいたします。部位ごとに最大10年間は第三者保証機関も含め保証します。火災保険、家財保険、地盤保険も取り扱っておりメンテナンスサービスや将来リフォームが必要になった場合はご連絡いただきますと専任のスタッフがすぐに対応いたしますので何なりとお申し付けください。

04

森から生まれた音響熟成木材。
木の命が生きている木材で、
いつも家族の暮らしを
健やかにする。※オプション

Arasen House CONCEPT

森から生まれた音響熟成木材。木の命が生きている木材で、いつも家族の暮らしを健やかにする。※オプション
100%南九州産杉

100%南九州産杉

原木は全て南九州産の杉。昔から湿気が多く、台風の影響を受けやすい過酷な気候風土で鍛えられた南九州産の杉は、樹脂分が多く、ねばりを持ち、水に強く、腐りにくい特徴を備えています。また、南国の活発なシロアリから身を守るための防蟻成分をあわせ持ち、江戸時代には主として船を造る材料「弁甲材」や建築材として重宝されてきました。学名「クリプトメリア・ジャポニカ」に「隠れた日本の財産」という意味があるスギは、日本人にとって一番つきあいの古い木なのです。

森の中で音楽を聴かせ、丁寧に熟成する

森の中で音楽を聴かせ、丁寧に熟成する

木材の命が失われる「機械乾燥」ではなく、従来の「自然乾燥」よりもコストがかからない新しい乾燥法はないものか…と試行錯誤を重ねた末、行き着いた答えが、常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、木にストレスを与えず熟成乾燥させる「音響熟成」でした。音響熟成は木の細胞を破壊することがなく、木材の持つ油分やエキスがそのまま残り、保湿作用・保水作用・防菌作用を合わせ持ち、時間とともに美しいツヤも出てくるという、まさに「生きた木材」に仕上がります。

防菌・防カビ・結露防止に加え、免疫力アップ

防菌・防カビ・結露防止に加え、免疫力アップ

杉には、ウイルスや細菌毒素などから生体を守る成分「免疫グロブリンA」の増加を促し、人間の免疫力を高める効果があるとされています。杉の中でも樹脂分が多く、虫にも強い南九州産の杉を「音響熟成」することにより、杉本来の特性がそのまま生かされ、余計なワックスや塗料を塗る必要性がありません。 『音響熟成木材』として生まれ変わった南九州産の杉は、本来の素晴らしい特性をそのままに、私たちの健康に大きく貢献してくれるのです。

化学物質を吸着・分解。いのちの源、海から生まれた幻の漆喰。

05

化学物質を吸着・分解。
いのちの源、海から生まれた
幻の漆喰。

Arasen House CONCEPT

海の命が息づく 幻の漆喰

海の命が息づく 幻の漆喰

干潟で名高い有明海。『幻の漆喰』は、その豊穣な命の海に生息する赤貝の殻を焼いた焼成カルシウムに、銀杏草(海藻)を煮てつくる糊と無菌水を混ぜ合わせ、生成されます。つなぎとして麻のスサを利用するなど、伝統と高度な技術を組み合わせて生み出された、今までにない新しい漆喰(壁材)です。自然素材しか使っておらず、人体にも無害で安全。
さらに独自の「光熱触媒」作用により、室内の化学物質を吸着・分解し、住まいの空気をいつまでも清浄に保ちます。

化学・有害物質を吸着・分解する天然の空気清浄器

化学・有害物質を吸着・分解する天然の空気清浄器

『幻の漆喰』とは、言わば「天然の空気清浄器」。完全天然素材で、安全な壁材です。さらに特筆すべきは、「光熱触媒」の効果。光が当たる場所だけでなく、暗がりでも温度と反応を起こし、空気中のゴミやホコリ、臭い、化学物質や有害物質を吸着・分解します。
光と熱に反応するため、『幻の漆喰』は、半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保ってくれるのです。

化学・有害物質を吸着・分解する天然の空気清浄器

化学・有害物質を吸着・分解する天然の空気清浄器

「光熱触媒」とは、「光や熱を吸収することで反応を促進するもの」。『幻の漆喰』は光が当たると触媒として働き、空気中のゴミや有害物質を吸着・分解。この現象により、光が当たることで半永久的にクリーンな生活空間を保つことができます。+3℃以上の室温にも反応し、同様の効果が得られます。 空気中のホコリなども吸着・分解するので、お部屋のお掃除もとても楽になります。

Message

私が10歳の頃、両親がマイホームを建てました。
それまでは父親の勤める会社の社宅暮らしで手狭だったため、
育ち盛りの兄と私は念願であった自分の部屋を2階に用意してもらい感激したのを憶えています。

その影響のせいか高校ではインテリア科を専攻し卒業後、
上京して首都圏の商業施設の現場管理を3年間行ったのちインテリアデザイン会社へ(デザイン学校にも夜学で2年間通わせてもらう)。
8年後、熊本に帰省し地元商業建築会社に勤務、店舗と並行して家づくりにも関わせてもらいました。

そして10年後の2006年5月、独立開業を果たし商業施設・住宅リフォームをメインに活動を始めました。
そんなある日、店舗併用住宅の依頼がありオーナーさんと打合せを重ね、周囲の応援も受けて無事に2008年12月にオープン。
企業をクライアントとする店づくりとは違い、個人のオーナー様をとても近い距離感で行う家づくりに
今までに感じたことがなかった充実感と達成感を鮮明に憶えています。

そこから本格的に住宅事業を行うにあたり5つの約束と信条を取り決めました。

  • 1誰でも手が届く価格帯とし、購入方法をとにかく分かりやすくする。
  • 2過去の常識にとらわれず、可能な限り合理化し高品質とする。
  • 3つくり手志向ではなくお客様の立場に立って提案し、期待に応える。
  • 4業界に流されない。悪い部分は正し、良いところだけを継承する。
  • 5一邸入魂の精神で取り組み、腕の良い職方とお客様を繋ぐ役割を果たす。

この5項目を履行し、「お客様の住環境づくりを通じ、より良い人生のお手伝い」を行う
責任ある21世紀の新たな住宅のインフラ企業となるべく、
2009年3月に「アラセンハウス」が世に発表されました。

同年9月に初のモデルハウス「VOX」がオープンして本格始動。
そこを第二創業期と捉えスタッフ一同お客様の笑顔を原動力に変え、日々精進しています。

さらなる笑顔と感動を追求し続ける、そんなアラセンハウスの今後にご期待下さい。

創業者 益田建至

創業者 益田建至