標準仕様Standard specifications

全棟標準

HEAT20-G1(ZEHの上位)

太陽光パネル全棟標準搭載

全棟標準で「断熱・省エネ・創エネ」。 エネルギー量の収支を「ゼロ」へ。

「HEAT20」とは?

about HEAT20

HEAT20とは、2009年に発足した「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」の略称で各地域おいて冬期間、住空間の体感温度を10℃〜15℃以上に保ち、冬期間の暖房負荷をH28年省エネ基準の住宅と比べておおむね30%以上削減し、ZEH (ゼロエネルギーハウス)などの優れた省エネルギーを目指す住まいの推奨基準です。

使う電力より創る電力を増やす

HEAT20-GIはZEHより上位

ポイントは断熱・省エネ・創エネ

断熱

断熱

断熱性能を向上して、エネルギーロスを最小限とする住宅にします。(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)

省エネ

省エネ

家で消費する電力量を減らす為に、HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を取り付けます。

創エネ

創エネ

家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、太陽光発電でしっかりとエネルギーを創ります。

建物の断熱性を表す数値の比較

アラセンハウスのHEAT20-G1は省エネ住宅に比べ30%以上高性能

断熱性能を向上して、エネルギーロスを最小限とする住宅にします。(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)家で消費する電力量を減らす為に、HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を取り付けます。家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、太陽光発電でしっかりとエネルギーを創ります。

ZEH仕様でエネルギー量の収支を「ゼロ」に

HEAT20-G1 ZEH

ZEH仕様

アラセンハウスのZEHは断熱性能を高めることで失うエネルギーを減らし、HEMSや省エネ設備で消費するエネルギーを減らす。さらに太陽光発電などで自らエネルギーを創る。エネルギー収支を「ゼロ」にする暮らしを標準仕様で実現します。

樹脂製サッシ+断熱アップ+HEMS

アラセンハウスZEH仕様の予測発電グラフ

アラセンハウスのZEH仕様

HEAT20-G1 ZEH

断熱性能UP

断熱性は、高断熱仕様のため国が定める省エネルギー基準と比べて30%以上も高性能。断熱性が高くなると、少しの暖房でも暖まりやすい住まいになるため、冬場でも快適に暮らせます。さらに、光熱費の抑制も期待できます。

床材断熱・壁断熱材・天井断熱材

HEMS採用

HEMSの画面

HEMSとは「Home Energy Management System (ホーム エネルギー マネジメント システム)」の略です。家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。家電や電気設備とつないで、電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりします。政府は2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指しています。将来、HEMSが一家に一台の時代になるんです。※予告なく変更となる場合がございます

樹脂製サッシ

樹脂製サッシの構造図

壁の断熱材の厚みを増やすことだけで断熱性能を高めると、壁と窓の断熱性能の差が大きくなり、室内温熱環境の温度差ができ、窓辺から不快な冷気が流れてくるコールドドラフトが発生することがあります。 壁より断熱性能が低い窓の断熱性能を高めることで、断熱性能のバランスが良くなり、快適性が高まります。